14.   塾の選択そして、康徳社のカリキュラム


 今回は新しい年度が変わることもあり、塾の選択について書きたいと思います。このテーマは塾を運営しはじめてずっと考えつづけてきていることです。塾の形態にもさまざまな形態があります。個別指導、集団授業、少人数制集団塾などです。


 個別指導については現代の塾の一つの潮流になっています。その原因には、まず子ども達の事情として集団授業だとわからないところが質問できないので、塾に通っても成果があがらない、とかそもそも大勢の中で授業を受けることが苦手である、などがあります。そしてより多いケースが、集団授業のペースについていくのがしんどいという生徒が増えてきていることです。学力的についていけない、というケースもあるのですがそれより私が最近強く感じるのは、人の話を聞く力が弱い子ども達が増えてきていることです。人が周りにいると集中できないとか、勉強の話になると頭にはいってこないとかいろいろな場合があります。このようなケースの場合、集団授業ではその生徒のペースにあわせて授業が進むわけでなく授業をうけていても授業内容が残らないということから集団授業になじまないという結論になりやすいです。基礎学力をつけたり人の話をしっかりと聞く訓練をつむには、個別指導は有効な手段かもしれません。


 一方で個別指導の場合、塾の運営上の問題があります。多くの個別指導では、学費はそれなりにとるのに対して、内容はそれに見合ったものではないのがほとんどです。運営する側の問題がそこにはでてきます。講師の採用・育成に対する考えがとてもずさんなケースが多いのです。よく学生だからダメだとか、プロだから安心だとかを問題にする方がいますが、私は学生・プロの講師の立場のみから一概にどちらがいいとは言えないと考えています。学生は確かに、試験期間中にこれなくなったり、いつでもやめることができるので担当生徒に対する責任は立場上弱いということはありますが、学生の中でも将来先生志望の学生がいたり、そうでなくても教えることに真剣に取り組んでいて才能がある学生もいます。逆にプロを名乗っていても、すべての講師が教える技量、人間性も含めて本当の意味でのプロの域に達しているかと言われればそういうわけでもありません。私が高校生の時に通っていた塾は現役の医学部大学生で運営されていた塾でしたが、テキストも質がよくさらに教えていただいた内容は私がそれまでうけた中で、そして大学でうけたあらゆる授業内容より質が高いものでした。結局のところ、何をうたい文句にしているかより、塾を運営している側の姿勢が問われるということです。

 そして、これまでの経験から私は講師としての素質は訓練によって養われるものではない、と考えています。採用するときにいかにその素質を見極められるかは本当に難しい問題です。それを考えた時に先生の人数が必要な個別指導でいい先生にめぐり合うのはなかなか難しいといえるかもしれません。


 では、集団授業の場合はどうでしょうか?よく有名予備校のカリスマ講師が派手な授業パフォーマンスをやっているのを見ますが、私自身学生の時にそのような人の授業をうけて感銘をうけたことなどほとんどありませんでした。カリスマ講師たる人は何かしらの法則性を出してきてそれがすべてに通ずるかのような錯覚を起こさせる授業を展開していきますが、展示販売のパフォ―マンスと同じで、実はすべての法則がなりたつ事例をあらかじめ用意していただけというケースがほとんどです。それより私が、今までに出会った尊敬する先生方は参考書には書いていない本当に知りたいことを丁寧に教えてくれる先生でした。そういう先生は実は少数派で、決してパフォーマンス授業をしたり何か変な法則性を出してきたりしないものです。


 私が康徳社をつくる動機になっていたのは、子どもたちが本当に知りたいことを教わる場と落ち着いて勉強に打ち込める環境を整えること、そしてわからないことを質問できる塾をつくりたいというものでした。 それには、講師自身にも日々さまざまなカリキュラムをつくりだす力が求められますし、またこどもたちにも課題に向き合う意欲と力が必要です。 開校当初は、学力テストを実施せずに、原則すべての生徒を受け入れていましたが、勉強に向き合う力と意欲がない生徒には塾の方針やカリキュラムは合わないという反省から学力テストを設けることにしました。そうしないと、もっと深いことを学びたいと参加している生徒にも、もっと基礎を重点的に教えてほしいと望んで参加している生徒にも不十分な授業になるからです。また入塾面談会で塾の方針・授業の進め方などの説明をし、納得して授業参加してもらうことが大事だと考えています。塾のホームページにはなるべく塾の方針がわかることを出していこうと思います。

  今年度も6期生を迎えるにあたり、康徳社のカリキュラム・方針に納得して貴重な3年間をすごしていく意欲があるこどもたちにめぐり合うことを期待し、よりよいカリキュラムのチャレンジをしていきます。 (2015年2月11日)